アーティスト一覧

【人気曲トップ10】ファンが選ぶ「サカナクション」の人気曲・おすすめ曲ランキング

サカナクションのファンが好きな曲に投票した結果をもとに順位を決めています。サカナクションの代表曲から少しマイナーな曲までファンが選ぶ絶対に聞いてほしい曲をランキング化!! 投票がまだの方はぜひ投票してみてください。

★★★投票はこちら★★★

人気曲ランキング

第1位 新宝島   6票

新宝島 834.194

SHOP

 

説明

バンドのフロントマン山口一郎が作詞・作曲し、バンドの11枚目のシングルとしてNF Recordsより2015年9月30日にリリースされた。メンバーの草刈が出産のため、バンド活動を一時休止しており、前作『さよならはエモーション/蓮の花』から約1年ぶりのシングル・リリースとなった。楽曲は映画『バクマン。』の主題歌として制作され、音楽性はバンドの近作とは異なるアッパーなポップ・ミュージックの要素を持ったオルタナティヴ・ロック、ダンス・ミュージックに仕上がっている。「新宝島」の題名は、山口が楽曲のテーマを追究するために漫画を研究した中で見つけた一作である、手塚治虫の作品『新宝島』より借用されている。楽曲は、2018年にベスト・アルバム『魚図鑑』に収録された。2019年からは、日本テレビ系列「ゴールデンまなびウィーク」のテーマソング、2020年にはソフトバンク「5G」のCMソングとしても使用されてい

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%AE%9D%E5%B3%B6_(%E6%9B%B2)

第2位 夜の踊り子  5票

夜の踊り子 sakanaction

SHOP

 

説明

前作から約3ヶ月ぶりとなるシングル。 カップリングにはセルフリミックスした「僕と花」を収録。バンド名義でリミックスするのは初めてとなる。 今作はDVD付きの初回限定盤とCDのみの通常盤の2形態で販売。初回限定盤は特殊パッケージ仕様となっており、DVDが付属されている。付属のDVDには、同年行われたツアー「SAKANAQUARIUM 2012 ZEPP ALIVE」のファイナル公演の模様と、無観客で撮り下ろした「ZEPP ALIVE ALONE」と題したパフォーマンスを、ハイスペックカメラやバイノーラルマイクといった機材を用いて撮影された映像を収録。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E3%81%AE%E8%B8%8A%E3%82%8A%E5%AD%90

第3位 アイデンティティ  5票

アイデンティティ DocumentaLy

SHOP

 

説明

東進 「340万人の高校生へ」篇 CMソング アーケードゲーム「jubeat copious」収録曲 映画「ジャッジ!」主題歌

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%A3_(%E3%82%B5%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%9B%B2)

第4位 多分、風。  3票

多分、風。 834.194

SHOP

 

説明

サカナクションは夜をモチーフにした楽曲を多く制作しているのに対し、今作は日焼け止めの化粧品のコマーシャルソングに起用されたため、昼間というテーマのもと制作された。バンドは制作時、それぞれ汗や女性、疾走感をイメージし制作を進めた。歌詞は、直接的ではなく、情景を伝える言葉を中心とした歌詞となっており、「ANESSA」という商品のイメージに合うように制作された。バンドはシングル発売日変更以降は制作方法を以前に発売したアルバム『sakanaction』のようにスタジオで制作するやり方ではなく、山口の自宅で制作するスタイルに変更をしている

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E5%88%86%E3%80%81%E9%A2%A8%E3%80%82

第5位 バッハの旋律を夜に聴いたせいです。  3票

『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 DocumentaLy

SHOP

 

説明

この楽曲は2011年6月28日、バンドの5作目のスタジオ・アルバム『DocumentaLy』からの先行シングル「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」表題曲として発表されている。同年5月31日、バンドはまず録音作業中の楽曲をタイトル未定のまま、日本にて2011年7月20日に「ニュー・シングルを発売すること」のみをアナウンスした。2011年6月15日、続けてバンドは楽曲タイトルが「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」であることを発表した[2]。「完全に日本語」であるこのタイトルについて、山口は後のインタビューで「ちょっと気になるっていうところを狙ってみたくて」つけたもので、自分の好きな日本文学にも通じるものと語っている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%80%8E%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%8F%E3%81%AE%E6%97%8B%E5%BE%8B%E3%82%92%E5%A4%9C%E3%81%AB%E8%81%B4%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82%E3%80%8F

第6位 ミュージック  3票

ミュージック sakanaction

SHOP

 

説明

前作から約5か月ぶりとなるシングル。バンド初のワンコインシングルであり、2回目のドラマ主題歌である。 フジテレビ系日曜9時ドラマチック・サンデーの江口洋介主演のドラマ『dinner』の主題歌に決定し、ドラマのタイアップは、「僕と花」以来である。 今作に対して山口一郎は「“自分たちが音楽にどのように向き合っていくのか”を歌にした」と語った。 今作は初回限定盤と通常盤の2形態で販売し、初回限定盤は特殊パッケージ仕様となっている。どちらも500円である。 シングルとしては、珍しくremix音源が収録されていない。 非常に完成度の高い曲としてファンからの人気が高い。ライブでも大きな盛り上がりを見せる。 ファンからは、「サカナクションの一つの集大成」と言われることもある名曲である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF_(%E3%82%B5%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%9B%B2)

第7位 ワード  2票

ワード NIGHT FISHING

SHOP

 

説明

NHK-FM『ミュージック・スクエア』エンディングテーマ この楽曲の原曲を制作している当時は、曲制作に難航している中で、ディレクターより楽曲の制作を急がされていた。楽曲のサビの歌詞は、このエピソードが元になっていると山口は語っている[3]。 ミュージック・ビデオの監督は、近藤寛史とa.k.a.STNWが務めた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB

第8位 ネイティブダンサー  1票

ネイティブダンサー シンシロ

SHOP

 

説明

2010年、この曲はシングル「アルクアラウンド」に収録するために、エレクトロニックミュージシャンのレイ・ハラカミによってリミックスされた。これは、2011年7月に彼が亡くなる前のハラカミの遺作の1つとなった。 歌詞は、思い出を冬の花に例え、恋愛を悲しげに振り返る主人公を表現している。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC_(%E3%82%B5%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%9B%B2)

第9位 アルクアラウンド  1票

アルクアラウンド kikUUiki

SHOP

 

説明

楽曲は日本のスポーツ用品販売チェーン、アルペンが展開しているブランド『kissmark』のコマーシャルソングとして使用されており、サウンドは1980年代のダンス・ミュージックと1960年代のフォークソングを彷彿させる郷愁感あるものに仕上げ、全体のアレンジは、イエロー・マジック・オーケストラやゴダイゴなどを彷彿させる様なアレンジがされている。また、楽曲は複数のアーティストによってカバーおよびリミックスされている。アートワークは、hatosが「日本文学的なサイケデリック」をテーマに制作を務め、1980年代を彷彿させるビビッドカラーを使用し、女性の顔の部分に「アルクアラウンド」の歌詞を記載したデザインとなっている。また、掲載される歌詞はネット上ではダミーのものとすり替えられていることも特徴的である。この楽曲は音楽評論家の肯定的評価を受けており、音楽雑誌『CD journal』は、楽曲を「刹那の快

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89

第10位 忘れられないの  1票

忘れられないの/モス 834.194

SHOP

 

説明

収録曲である「忘れられないの」および「モス」はいずれも、1980年代の音楽・カルチャーに大きく影響を受けた作風となっている。 「忘れられないの」について、山口は松任谷由実との出会いに触発されてこの楽曲を制作したとラジオ番組『サカナLOCKS!』2019年6月14日放送分で明らかにしており、AORをはじめとする80年代の音楽と現代の音楽を組み合わせて制作したと語っている。 同楽曲の歌詞は上京をテーマとしており、山口は「150パターンもの歌詞を書いた中で、115番目に選ばれた歌詞となっています」と、CMに出演した広瀬すずとの対談との中で振り返っている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE/%E3%83%A2%E3%82%B9

-アーティスト一覧

XYZ WP Insert Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

© 2021 favo-music Powered by AFFINGER5