アーティスト一覧

【人気曲トップ10】「東京事変」のファンが選ぶ人気曲・おすすめ曲ランキング

東京事変のファンが好きな曲に投票した結果をもとに順位を決めています。東京事変の代表曲から少しマイナーな曲までファンが選ぶ絶対に聞いてほしい曲をランキング化!! 投票がまだの方はぜひ投票してみてください。

★★★投票はこちら★★★

人気曲ランキング

第1位 群青日和   6票

群青日和 教育

SHOP

 

説明

三洋電機「au W21SA」CMソング。 ミュージック・ビデオは、本楽曲のみのバージョンと、本楽曲とカップリング曲「その淑女ふしだらにつき」の2曲が繋がっているバージョンがあり、いずれもミュージック・ビデオ集『tokyo incidents vol.1』に収録されている(また発売当時にはストリーミング配信された)。本楽曲のみのバージョンは、SPACE SHOWER Music Video Awardsで「BEST GROUP VIDEO」に選ばれている

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A4%E9%9D%92%E6%97%A5%E5%92%8C

第2位 キラーチューン  5票

キラーチューン 娯楽

SHOP

 

説明

作曲者である伊澤が最初に付けた仮タイトルは「スウィング」で、曲の狙い所もヒップなスウィング感だった。伊澤曰く「できるだけシンプルな構成となるよう苦心した」とのこと。 歌詞とタイトルは椎名が後から付けた[1]。デモを聴いた椎名が「この曲はキラーチューンだ!」と直感し、このタイトルがつけられた。しかし、伊澤には「キラーチューンってどういう意味?」と聞き返されたという。 この曲独特のスウィング感に浮雲がカントリー・テイストなギターで味付けしている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3

第3位 能動的三分間  5票

能動的三分間 スポーツ

SHOP

 

説明

バンドのボーカリスト・椎名林檎がイメージ・キャラクターに起用され、テレビCMにも出演した江崎グリコ「ウォータリングキスミント」のCMソングとして使用されている。この楽曲のシングル化の経緯について、椎名は単純にこの楽曲がタイアップ曲に選ばれたためだと語っている。 2007年のアルバム『娯楽 (バラエティ)』では椎名は作詞と歌唱に専念していたため、2006年の『大人 (アダルト)』以来3年ぶりに椎名がバンドの作曲クレジットに名を連ねた楽曲となっている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E5%8B%95%E7%9A%84%E4%B8%89%E5%88%86%E9%96%93

第4位 閃光少女  3票

閃光少女 スポーツ

SHOP

 

説明

本楽曲は、亀田誠治が作曲し、それに椎名林檎が歌詞をつけたもので、作曲者の亀田が付けた仮タイトルは「フード」。亀田は真冬の夕暮れ時に見かけたダウンジャケットを着てフードを被って天真爛漫に歩いている12、3歳の少女の現在と未来に思いを馳せ、「この子の将来って、誰に出会って、どういう人生を送るんだろう?」と心配になって忘れられなくなり、形に残すべく曲にしたと語っている。歌詞については、亀田から聞いたそのイメージを糸口に椎名が書いた。また椎名は、2ndアルバム『大人 (アダルト)』収録の「透明人間」を作詞する際に亀田が息子をイメージした曲だと知らずに歌詞を書いてしまったため、今回はその延長で書いたとも語っている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%83%E5%85%89%E5%B0%91%E5%A5%B3

第5位 修羅場  3票

修羅場 大人

SHOP

 

説明

フジテレビ系ドラマ『木曜劇場・大奥?華の乱?』主題歌。 メンバーが出演するミュージック・ビデオが制作され、ミュージック・ビデオ集『ADULT VIDEO』に収録されている。 アルバム『大人(アダルト)』にはアレンジの異なる「修羅場 adult ver.」が収録されたため、A面の表題曲で唯一シングルバージョンでのアルバム収録が無い曲であったが、バンド解散後の2013年2月27日に完全生産限定で発売されたCD-BOX『Hard Disk』の特典ディスク「Recovery Disc」に収録された。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%AE%E7%BE%85%E5%A0%B4_(%E6%9B%B2)

第6位 今夜はから騒ぎ  3票

今夜はから騒ぎ color bars

SHOP

 

説明

2012年1月1日より着うた・着うたフル、11日よりiTunes Storeで先行配信された。 この楽曲は2011年に開催された「東京事変 Live Tour 2011 Discovery」の最中に製作され、12月1日の東京公演より新曲として披露されたもの。ミュージック・ビデオも製作され、2013年2月発売のミュージック・ビデオ集『Golden Time』に収録された。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/Color_bars

第7位 女の子は誰でも  2票

空が鳴っている/女の子は誰でも 大発見

SHOP

 

説明

資生堂「マキアージュ」CMソング。 編曲は作曲家の服部隆之が担当している。東京事変の楽曲でメンバー以外が編曲を行うのは本楽曲が初めて。作曲の際、椎名は松浦亜弥が歌うことをイメージして作ったとのこと。 ソロとして第62回NHK紅白歌合戦(2011年12月31日放送)に出演した椎名林檎が、NHK連続テレビ小説『カーネーション』の主題歌「カーネーション」と本楽曲を「カーネーション - 紅組なら誰でも」としてメドレーで披露した。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E3%81%8C%E9%B3%B4%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%82

第8位 新しい文明開化  1票

新しい文明開化 大発見

SHOP

 

説明

東京メトロCMソング。5月20日より着うた、6月1日より着うたフルが先行配信された。 本作のリード曲であり、ミュージック・ビデオが制作され、本アルバムのTVCMにも使用された。 一旦は「ポップスとして違う気がする」として伊澤が引っ込めようとしていた曲を椎名が引き取り、楽器へのアプローチはそのまま残してボーカルの面から変えて完成させた曲。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%99%BA%E8%A6%8B

第9位 遭難  1票

遭難 教育

SHOP

 

説明

ミュージック・ビデオは6パターン存在し、「遭難」のみのバージョン、「遭難」と「ダイナマイト」の2曲が繋がっており各メンバーが2番のサビの部分を歌っているバージョンがある(全てミュージック・ビデオ集『tokyo incidents vol.1』に収録されている)。 またシングルのブックレットでの英語表記は「distress」だが、アルバム『教育』では「a distress」と記載されている。 この曲が東京事変のために初めて書いた曲で、「愛に溺れてしまい“遭難”しそう」という様子を綴っている。

引用:https://favo-music.com/tokyojihen-ranking/

第10位 空が鳴っている  1票

空が鳴っている/女の子は誰でも 大発見

SHOP

 

説明

江崎グリコ「ウォータリングキスミント」CMソング。 仮タイトルは「breast(ブレスト)」。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E3%81%8C%E9%B3%B4%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%82

-アーティスト一覧

XYZ WP Insert Code Snippets Powered By : XYZScripts.com

© 2021 favo-music Powered by AFFINGER5